2018年05月24日

2018展示会:大阪-東京

2018052401.JPG
拙ブースにお立ち寄りいただいた皆様、誠に有難うございました。
以下、長文ご容赦願います。
ーーーーー
2018052402.JPG
サウンドメッセin大阪(ATCホール 2018.5.12-13)

2018052403.JPG
151FC(中央・新作・参考展示):新デザインのヘッド装飾、ベベルド・アームレスト、ホンジュラス・ローズウッドバック&サイド。

2018052404.JPG
アームレストでは、パフリングを添わせる加工が超高難度です。
加工や効果の検証については別の機会でご紹介します。

2018052405.JPG
「長大」「幽玄」を感じさせるホンジュラス・ローズウッドのボディサイドは、なんとなく横山大観の「生々流転」だなぁ、などと製作中から勝手に思っていました。

今回はいろいろまだ詰めたい所があったので「参考展示」としましたが、ダイナミックなサウンドが圧倒的。ヤングな試奏者の方から「エロい」との高評価をいただきました。いやぁ、この方向性は今後「バズる」かも。

2018052406.JPG
232FC(新作):シトカスプルーストップにミディアムブラウン木地着色。アームレスト部ラウンド加工。ネック側ボディサイドエンドピン。
きわめてオーソドックスなシトカスプルースですが、木地着色をすると個体によってまるで「藤棚」のような美しい模様が浮かび上がります。

U23W(新作):テナースケール、コンサートサイズボディ長、ダブルネック(4+8弦)、フィッシュマンPUx2・ステレオアウトプット。
今回の視覚的な目玉。ウケも上々でした。
4弦と8弦は曲やフレーズによって使い分けるのですが、「これ、どうやって(一人で同時に)弾くんですか?」という質問が多くありました。

2018052407.JPG
U2(新作):コンサート。セダートップ、ローズウッドバック&サイド。
U2(新作):コンサート。イングルマンスプルーストップ、オバンコール・バック&サイド。
オバンコールはお試しで使ってみました。音色はやや丸くマホガニー相当。材の柄・色味はちょっと珍しいと思います。

他に旧作の232(セダートップ)、U2B(琵琶シェイプウクレレ)も展示。
2日目は雨でしたが、ステージイベントも多く、来場者でにぎわった展示会でした。
閉会後、荷物を発払いで東京に直送し、一週間後に備えたのでした。

ーーーーー
東京ハンドクラフトギターフェス(すみだ産業会館 2018.5.19-20)

2018052408.JPG
幅1mブース。今年は斜め前に入口、イベントスペース直近の場所ということで、敵前大回頭!展示品の全砲門(?)をそちらに向ける配置をしました。

私にとっての東京開催の弱点は、「じゃあ、近々工房を見に行くよ」という話になりにくいところですが、プレイヤーや出版の方が多く来訪されるのでいろいろ参考になります。

2018052409.JPG
ヒロ竹之内さんは昨年に続き、ウクレレのオリジナル調弦などの示唆をいただきました。いずれその紹介や実演もしてみたいと思っています。

2018052410.JPG
お隣のWIZARD LEATHERさんはストラップ、ピックガードなどに華やかなカーヴィングを施す皮革製品工房。
実は私、革細工入門セットを持っていて、木づちをフレット打ち込みに使うなど、今も愛用している道具が多いのです。
2018052415.JPG

2日目はこちらの(ありがたい)事情で試奏していただきにくい個体が多くなったので、ニーダウンして時間を消化(アメフト用語だよ)。ちょっと申し訳ない気持ちが残りました。
とはいえ、内容的にいい感じでやりきった2つの展示会でした。

―――――
翌・月曜は「マカロニほうれん荘展」観覧と聖地巡礼。(次回更新)

2018052411.JPG
火曜は東京国立近代美術館工芸館「名工の明治」。
2005年「万国博覧会の美術」(名古屋市博物館)では、明治前期の職人の気概・爆発的な対外エネルギーにあふれた作品群が素晴らしかったので、その感じを期待して行ったのですが...。

2018052412.JPG
鈴木長吉「十二の鷹」(1893)解説文より;(海外での)「日本美術ブームの終焉や、絵画・彫刻・建築を中心とする西欧美術のヒエラルキーが、日本の美術界にも浸透していきます。」 ...その結果、公的な伝統工芸の評価・展覧は停滞を迎える、という流れのようです。

そんな背景もあってか、それ以降の工芸品群はなんかこう、日本伝統工芸展受賞作のように技術はすごい(本当にすごい)が、思想や世界観・宗教観がズシンと響いてこない感じが個人的にしたのです。

―――
2018052413.JPG
東京国立近代美術館「横山大観展」
あそうだ、既述の「生々流転」が見れるかも、ということで突入。ありました。

「生々流転」への順路直前に展示されていたのは、高さ20センチほど、長さ4メートルほどのラフなアイディア下書き「小下絵画帳」。
これが強力な前フリになっていて、続く「生々流転」では、湿度や自然の臭いを含んだ濃密な大気・空気感に一瞬で没入させられてしまいます。


<横山大観展:みどころ http://taikan2018.exhn.jp/highlight/
2018052414.JPG

大気から雨-川-海、そして雲に昇ってゆく水の一生・輪廻に、時間や季節を織り込んだ物語が、40メートルにわたって描かれています。メタクソ感動致しました。

―――
御茶ノ水に立ち寄ったのち、本人そして荷物も帰村。
あぁ、片付けが大変...。
2018052416.JPG

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 16:31| 展示会

2018年04月07日

ダブルネック憧憬

2018040701.JPG
2月の地元展示会、そして5/12-13大阪、5/19-20東京の展示会のために作ったショーモデルが「U23W」。
テナースケール/コンサートサイズボディ長/ダブルネックのウクレレです。

2018040702.JPG
まだ調整したり、ピックアップを付ける作業が残っているのですが、ともかくは「8弦を作りたい、ダブルネックで作りたい」という衝動を具現化できて、ひとまず悦に入っております。
(あっ、ケースをどうしよう...)

―――

さて、ロックの名曲といえばレッド・ツェッペリンの「天国への階段」、そしてイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が鉄板・別格といえるでしょう。

おなじみのシーン。
2018040703.JPG

これまたおなじみのライブシーン。
2018040704.JPG

ギブソンSGのダブルネックは、ストラト/レスポールとは別の、ロックミュージックの究極兵器といった存在感があります。

2018040705.JPG
ジミー・ペイジに扮した「マカロニほうれん荘」のトシちゃん。
(「マカロニ」ではギターが頻出しますが、わりとどれも丁寧・正確に描かれています)

2018040706.JPG
ブーさんのダブルネック・ウクレレはバリトンスケールだろうか。8弦側が下に配置されている。

2018040707.JPG
中学生の頃にケント紙で作った、ミニチュアギターのダブルネック版。
たぶん、森島みちお著「“ギター”この方法を知っておけ」(昭和55年)のイラストに影響されたんだと思う。
2018040708.JPG

2018040709.JPG
前職ではこんなのもあったなぁ。最初のロットがドカーンと売れて、次のロットは...。レアモデルではある。

2018040710.JPG
変則ダブルネックとして、マイケル・アンジェロのギターなんてのもあります。

2018040711.JPG
そんなカツラおじさんとの親交もある名手スティーヴ・ヴァイはトリプルネックもプレイする。
下側の6弦はフレットレス仕様だ。

2018040712.JPG
テクニカル系だと、この方も外せませんな。市販されたモデルでした。

―――
何にしても、ダブルネックってココロ踊りますよね。

今回はそんな熱いロック・スピリットを秘めた製作だったのですが、2月の展示会の搬入の際、箱から取り出したダブルネック・ウクレレを見て、女性スタッフがこう言いました。


「あら〜!双子ちゃんっ!黒ハート

まったく、レディのラブリィ脳にはアイ・サレンダー/降参だぜ。
2018040713.JPG

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 17:37| 製作

2018年03月15日

朝日放送『ココイロ』

2018032201.jpg
<TV放送予定>
朝日放送(近畿広域圏)『ココイロ』
明日香弦楽器が紹介されます。

......ということで......

3月22日 21:48-21:54 「奈良県・明日香村 〜シルクロードの響き…オリジナル弦楽器〜」
正味2分ほどのミニ番組にて、明日香弦楽器が紹介されました。
(番組HP https://www.asahi.co.jp/kokoiro/
<以下ワンセグ静止画像。数を絞ったつもりなので、制作関係者さん、お許しを>

2018032202.jpg

2018032203.jpg

ナレーションはトミーズ・雅さん。工房周辺や作業の様子、楽器イメージなどなど。

2018032204.jpg

2018032206.jpg

中学2年の頃にケント紙で作ったミニチュア楽器。
2018032205.jpg

不得手ながら演奏も。
2018032207.jpg

アコギ版「バッハ無伴奏チェロ組曲・プレリュード」と、ギター版「イ族の踊り」。
「イ族の踊り」は中国琵琶における「ツィゴイネルワイゼン」的ポジションの定番曲です。

2018032208.jpg

照明機器も多く持ち込まれ、とても凝った撮影ばかり。
たった2分ほどの映像作品でも、大変な手間と時間がかけられていて、こちらが職人の仕事を見せてもらった気分でした。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 00:37| メディア