2017年11月12日

第69回正倉院展

2017111201.jpg
吉川英治のエッセイ「正倉院展を観る」(1959)に、
「なんについてもいえることだが美術工芸も時とともに堕落と迷いの一方をたどってきたといっていい。」
という一節があるのですが、実際そう思えてくるくらいに見応えがあります。

そして、宝物群はいかに装飾的であっても、基本は用具・実用品だということが、正倉院展のおもしろみです。

ところで、京都では「国宝展」が盛況だそうですが、正倉院宝物に「国宝」は一切ありません。
『宮内庁による十分な「管理」が行われている』という見解から、建物以外すべて文化財保護法の対象外になっているのだとか。深いなぁ。
(以下、画像は展示会パンフ、非公式twitterから)

2017111202.jpg
漆槽箜篌 [うるしそうのくご]
「くご」はいわゆる竪琴/ハープ。収蔵品と復元品。
ペグもあるし、弦をひっかけるヒッチピン(ギターのナットに相当)もそなえた、けっこうまともな楽器だ。

2017111203.jpg
ギドン・クレーメル&吉野直子という超攻撃型タッグの癒し系アルバム『Insomnia (眠れない夜)』収録、高橋悠治作曲 「ヴァイオリンと声と箜篌のための版」では、箜篌の音色をたっぷり14分も聴くことができます。

2017111204.jpg
木画螺鈿双六局 [もくがらでんのすごろくきょく]
一部、ガラス玉か何かで3mmほどの丸を隆起させているのが確認できる。

2017111205.jpg
今回の展示ではないけど、似た感じの琴(檜和琴・ひのきのわごん)と、作者が一緒だったりするのかなぁ、などと想像するのも楽しい。

2017111206.jpg
碧地金銀絵箱 [へきじきんぎんえのはこ]
傑作ぞろいの絵箱カテゴリーのなかで、本作は写真だと地味な印象だったが、実物は、絶妙な色彩感がとろけるほどの魅力をかもしだす絶品でした。
見た瞬間、あやうく尿道括約筋がブレイクダウンしそうになっちまいました。

2017111207.jpg
最勝王経帙 [さいしょうおうきょうのちつ]
正倉院収蔵物の中でも人気の一品。写真だとエンジ色&金色っぽくみえるが、もともと紫&白だったらしい。

2017111208.jpg
迦陵頻伽(かりょうびんが)という人面鳥身の極楽浄土キャラが中心に描かれている。
俯瞰でとらえれば傑出した見栄えですが、ここだけ見ると、ファミコンのドット絵みたいでもある。

余談ですが、1980年前後に「上田知華+カリョービン」という、ボーカル/ピアノ+弦楽四重奏という異色のグループが活動していて、私も結構好きだったのですが、その「カリョービン」はこれが由来。こんなところで元ネタに出会えるとは。

2017111209.jpg
メインどころ以外で印象に残ったのは「綾継分房付幡等」(あやのつぎわけふさつきばん)。
(おことわり:第127号櫃 第25号、第129号櫃 第104号、あたりがごっちゃになっているかも)
写真では全く伝わらないけど、細密で独特な色彩の中に、現代でも通用するエンブレム風の意匠が組み込まれている。

ということで、今年はじゅうぶん満足できる正倉院展でした。
2017111210.jpg

―――

2017111211.jpg
エルボーカット加工がようやく終了。
トップ/曲面サイド/そこを45度カット/フレイムメイプル貼り合わせ/さらにバインド、アバロン、白黒パフリング...と、さすがにこれは手間がかかります...。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 03:18| 地域

2017年08月28日

天然セーム革クロス

2017082801a.JPG

奈良の楽器工房として、鹿革のクロスを製品に添付できれば面白いなぁと、前から思っていましたがたまたま昨年、プルーインパルスを見に若草山に行った折、ふもとの売店でほどよいサイズ、価格の鹿革を見つけました。
2017082802a.JPG

製造地が明日香村の近くの某市だったので、連絡をとり、多少の枚数を注文。直接受け取りにでかけました。
(ウチから直線距離で東に10q程度)

皮革、それも鹿革の加工工場がいくつも集まっており、カメラアクセサリとしてのセーム革もこの地で作られています。

ちなみに、鹿といっても市販品は「キョン」という鹿の仲間(中国産、他)が主。
それをなめし加工したのが「セーム革」「キョンセーム」で、誰もが認める天然・最上のクロス素材といえます。
2017082803a.JPG

2017082805a.JPG
ある程度加工の進んだ状態ですが、なんともいえない生々しさ。
工場では他に、鹿か何かわからないが、まだ毛の残った状態の皮も仕込まれていました。

2017082804a.JPG
革の厚さを整えるマシン(部分)。専用の器具が醸し出す武骨な雰囲気がいいですねぇ。

2017082806a.JPG
ショールーム。どうですこのド迫力の絵柄! インスタ女子よ、これが漢(おとこ)のスナップ写真だ!、
田中角栄あたりの高度成長期までは、こういったエゾシカの壁掛け/ハンティング・トロフィー、今風に言うと「壁から鹿が生えてくる」ヤツ(?)がとても売れていたそうです。

―――

2017082807a.JPG
そうして仕入れた「天然セーム革」ミニサイズ・15x15pは、こちらでパッケージをして、今年から明日香弦楽器のギター、ウクレレに添付させています。
展示会では単体で実売をしました。卸売りは工房の本筋ではないので、やめときました。

些細ではありますが、オーダーを入れていただいているお客様は、オマケとして楽しみにしてくださいませ。

―――

<近況>
2017082808a.JPG

お客様カスタムオーダーの完成直前。フレットをまたぐデザインのインレイ加工は初めてでした。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 19:47| 地域

2016年11月06日

ブルーインパルス/正倉院展

2016110601.jpg
航空自衛隊奈良基地の開設60周年ということで、曲技飛行隊「ブルーインパルス」が奈良市上空で展示飛行を行いました。(11月5日、6日)
ちなみに奈良基地は教育施設で、滑走路はありません。(岐阜・各務ヶ原から15分ほどで飛来)

前日の予行では、若草山(一重目)に陣取ることにした。
谷崎潤一郎ファンにとっては、小説「卍」で柿内園子と徳光光子がデートをした場所としておなじみです。
2016110602.jpg

小学生の頃以来だけど、ほんとに開放的ですねぇ。まぁ、あちこちに鹿のフ○が落ちてるけど。(晴天で風があったこともあり、臭くはない)

逆光気味で遠いものの、東大寺大仏殿や興福寺五重塔、生駒山なども取り込んだ、ちょっと珍しい絵柄が撮れました。
2016110603.jpg

2016110604.jpg

市街より100メートルちょっと高いだけの位置ですが、ほどよく見やすい角度で飛んでくれます。
2016110605.jpg

---
2日目本番は素直に、メイン会場の平城宮跡に。
2016110606.jpg

曇り空だったのはやや残念でしたが、広大で見晴らしが良すぎて、航空祭名物の脚立オヤジや場所取り家族もなく、なごやかな雰囲気でした。

第一次大極殿(2010年再建)方面から登場。
2016110607.jpg

ちなみに、大極殿は天皇の即位や外国使節の謁見の際に使う施設で、中はこうなっています。
2016110607b.jpg

南の朱雀門より。
2016110608.jpg

天候のせいもあって、私のカメラ/レンズ/テクでの写真はダメダメですが、やっぱり近くで見るのは楽しいものです。いやー、夢のような2日間でした。
2016110609.jpg
-----

同じ週に、奈良国立博物館・第68回正倉院展に行ってきました。
いかにも奈良市街らしいショット。ウチの地域もこの時期、鹿鳴きの声が聞こえるが、まったく姿を見せない。
2016110610.jpg

今年は琵琶、琴などの弦楽器がない...というのは個人的な感想としても、螺鈿(らでん)、瑠璃(ガラス)といったハデな作品が少なく、正直、地味めな回だったように思います。
(画像:正倉院展HP・PDFファイルより)
2016110611.jpg

隠された技法や歴史的意義も重要ですが、やっぱり、現代人が一目見て「参った!」と降参するほどのインパクトを求めてしまいます。
入場料1100円では安すぎる、至高の展示会なのは間違いないですが。

とはいえ、「粉地金銀絵八角長几(ふんじきんぎんえのはっかくちょうき)」は見入りました。
2016110612.jpg

側面・背面の細かい絵柄は品があって華麗だし、優雅な脚部などからは「アールヌーヴォーなんぼのもんじゃい!」的な、時代を超越した気概すら感じる。
こういうのをじーっと見ていると、単純な私はメチャメチャ感動してしまいます。

再び・小説「卍」(官能小説扱いされるのは不本意だ...)には、「うち、あんまり綺麗なもん見たりしたら、感激して涙が出て来るねん」というセリフがあります。

それくらいレベルが高いもんを、作れるようになりたいものです。
2016110613.jpg

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 23:15| 地域