2021年06月09日

長谷寺・わらしべ長者

奈良県桜井市の長谷寺(はせでら)は「花の御寺」として、また399段の登廊でも知られる人気の観光地。
20210609b01.JPG

20210609b02.JPG
お寺めぐりの趣味がない私でも、高低差のある境内の景観はとても素晴らしいと思いました。

20210609b03.JPG
階段も思ったほどドぎつくないし、休憩所等の設備も充実。ご本尊(十一面観世音菩薩)も厳粛かつ荘厳でした。
――――――

さて、長谷寺は昔ばなし「わらしべ長者」の原作の舞台として、『今昔物語集」「宇治拾遺物語」で取り上げられています。

20210609b04.JPG
仁王門から出てワラを拾い、善意の物々交換をしながら北上し、最終的には京都の九条にいたる行程約70キロメートルのロードストーリー。

20210609b05.JPG
(写真:パンフレットより)
原作での主人公は観音像の前に居座る、ただただ迷惑で面倒なヒトだが、ともかくは観音様にすがることによって貧乏という宿命/カルマからの脱出を果たす仏教説話です。

一方、アンデルセンの童話「マッチ売りの少女」の解釈/教訓の一つに「貧乏人にとって幸福は死によってのみ得られる」という見方があるようです。
放送大学ラジオ『人間にとって貧困とは何か』(西澤晃彦)は宿命論に社会学としてカウンターをぶちかます、切り口・語り口がなかなか素晴らしい内容です。いろいろ考えさせられますねぇ。(身につまされるというか...)
――――――

20210609b06.JPG
長谷寺門前。いつでもコケられる態勢でワラを探したが、まったく落ちてません。

20210609b07.JPG
日々、地道にやっていくしかないかぁ...。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 17:32| 地域

2021年04月23日

飛鳥川上流短時間キャンプ

世は空前のキャンプ/アウトドアブーム。芸能人のYouTubeやら「ゆるキャン△」なども大人気。

20210423_01.JPG
近くのホームセンターの農業&園芸館は、まるごとアウトドア用品ショップに転換。
ウチの集落には実直に農業に取り組んでいらっしゃる方が多いもので、キャンプやアウトドアなんぞ、自然と向き合う姿勢がすんげぇ軽薄なようにも思える。

ただまぁ、家から離れた野外で飲み食いするのは確かに良さげだが、50なかばの一人モンがゴソゴソしている姿は、はたから見ると超絶キモかろうし...。
---

20210423_02.JPG
買っちった。
---

20210423_03.JPG
ウチから直線距離で約2キロの飛鳥川上流。

20210423_04b.JPG
稲渕(いなぶち)・栢森(かやのもり)・入谷(にゅうだに)の奥明日香3地区は「神奈備の郷(かんなびのさと)」と称され、河川整備や各種事業が進められている。

20210423_04.JPG
この地帯は現時点でも出入り可能。トイレはないが、短時間の滞在をするのに最適な場所といえる。

20210423_05.JPG
ちょっとした滝。ほどよい音量だ。

20210423_06.JPG
カワムツだかアブラハヤの幼魚。しっかりガサればヨシノボリ(ハゼの一種)もみつかるらしい。

20210423_07.JPG
これはだいぶ前に琵琶湖博物館で撮ったヨシノボリ。なんとも愛嬌のあるツラですよね。

20210423_08.JPG
軽食、そしてコーヒーで一服。
ホットサンドプレートでパンを焼くと、まさしく外サクサク中フワフワで、メチャメチャうまい。
コンビニのサンドイッチも試したが、味が濃すぎてイマイチ。シンプルにとけるチーズを食パンではさむだけ、くらいがちょうど良いような。

20210423_09.JPG
ちっちゃい豚まん。あら、焼き目がキュート!

20210423_10.JPG
ところで、自然の中でのギター演奏は絵柄としては有りだが、意外に響き渡らないわ音は小さく感じるわで、実はあんまりおもしろくない。(ここから近い場所で8年前に撮影)

20210423_11.JPG
ただ今回、クルマのハッチバックに座って弾くと、音の反射がちょっとだけ室内っぽくなり心地よかったです。
ぶつける可能性や、温度湿度の問題もあるので、持ってゆくなら使い古した楽器の方がいいかもしれません。

20210423_12.JPG
平素はしない偽善プチ清掃。誰だよ牡蠣喰ってカラを捨ててったのは。

てなわけで、ほんの1時間ほどの滞在でしたが結構楽しめました。平日昼間でも5-10分に1台くらいクルマが近くを通ります。キモい奴がいるなと、やっぱり思われていたのでしょうか...。
--------------------

20210423_13.JPG
YouTuber楽器屋さんpid』による明日香弦楽器・工房取材の動画が公開されました。(全3回予定)
ご覧くださいませ。
奈良のギターブランド「明日香弦楽器」のアコギが良すぎました


<以上:明日香弦楽器

posted by Satoshi Orisaka at 22:42| 地域

2021年01月16日

とんど

「明日香匠の会」第三回新春作品展 犬養万葉記念館 1/17日まで。
 *地域向けの小規模展覧会。12弦ギター展示中。
 
明日香の匠展 奈良県立万葉文化館 2/6-14
 *新作ギター1本を出展予定。

*本年度、大阪(4月予定・出展受付中)、東京(5月予定・受付前)の展示会に、明日香弦楽器は参加いたしません。イベント関連で諸変更があればWebでお伝えします。
-----

地方によって「左義長(さぎちょう)」「どんど」などと呼ばれる「とんど焼き」は、小正月(1月15日あたり)に行われる習俗。
災難よけや豊作、家内安全などを願うもので、由来が宮中行事のため基本的に宗教性はなく、その様式・行事内容は地方どころか集落によっても異なります。
9年前にこちらに来るまでは私も、書初めを焼いたりする行事があるらしい、くらいの事しか知りませんでした。

ここ明日香村上居(じょうご)は世帯数20弱の集落。
まずは午前中に竹集めをして、棚田の空きスペースに軽トラで運搬。
2021011501.JPG

2021011502.JPG

支柱を立てて竹を集め、藤のツルで縛りあげ、さらに竹を突っ込んでゆけば完成。高さ約5メートル。
これで午前の作業は終了です。
2021011503.JPG

2021011504.JPG

午後6時。
2021011505.JPG

今年の恵方である南南東から着火。そして燃え上がってゆきます。
2021011506.JPG

2021011507.JPG

・・・と思ったら、風が強い事もあってうまく火が広がらなかったので、早めにぶっ壊すことに。
2021011508.JPG

ホント、天然の造形・デザインに勝るものはないですねぇ。
2021011509.JPG

竹がパーンと爆(は)ぜるリアル爆竹が周囲の山に響き渡り、痛快だ。

最後に、ロウソクにとんど焼きの火を移し、ちょうちんに入れて各家庭に持ち帰り、神棚に供えて無事終了、ということになります。
2021011510.JPG

-----

2021011511.JPG
「明日香の匠展」提出作品を全力製作中。
間に合うのか不安なのと、仕事で不実な対応を何件かしてしまっている心苦しさと、作品が日々できあがってゆく興奮で、もう、感情がぐっちゃぐちゃです。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 07:27| 地域