2018年05月30日

「マカロニほうれん荘」展

時は週刊少年チャンピオン黄金期。連載は1977年春から1979年秋までのたった2年半、単行本9冊。
当時の小学校高学年から中学生くらいの年代を中心に衝撃を与え、今も熱烈なファンが多い「鴨川つばめ」の伝説的ギャグ漫画『マカロニほうれん荘』。

スピードとリズムがみちびく直感的な展開でありながらも、内容と作画は濃密。
私にとって「マカロニ」は何度読んでも新しい発見がある唯一無二・至高の作品だ。

―――――
2018052801.jpg
「マカロニほうれん荘展-MACARONI IS ROCK!-」が、5月19日から6月3日にかけて、東京・中野ブロードウェイ内のAnimanga Zingaroにて開催されています。

年1回だけ東京にいるタイミングでの開催!なんという僥倖!いや、トシちゃん感激!というべきか。
2018052801b.jpg

2018052802.JPG
5/21月曜昼。白髪が隠しようのないほど増えてきた50代前半のワシら初老達が狭いギャラリーにひしめく。女性も1-2割。

2018052803.JPG
まずは、原画の状態が予想以上に美しいことにおどろかされる。どの線もこまかく、丁寧だ。
鴨川さんはほとんど一人で原稿を書いていたので、背景も服の柄もすべて本人の筆によるもの。なんと当時20歳(19かも)くらい。

絵描きさんだから絵が上手いのは当然なのでしょうが、それにしても修正が少ない。(Twitterによると、マンガの原画マニアもそう感じたらしい)

2018052804.JPG
マチエール/画肌というのだろうか、単行本では伝わらない描き込みも確認できる。

2018052805.JPG
油の乗った時期以降は力強く・そして流ちょうな線画が特徴だが、きっちり計算/設計されたものであることがうかがえる。

2018052806.JPG
単行本でみると、コマ割りの直線にブレが散見されるのだが、たしかに原画では直線やカドの白修正がとても多い。躍動感を表現するうえでハミ出した線などを修正していたのでしょうね。

2018052807.JPG
1978年11月『水の中の太陽!!』は「火」をテーマにフルカラー&2色カラー印刷を生かした後期の傑作回。旅順港閉塞作戦にて軍神広瀬が杉野を捜索する名シーン、のパロディ。


展示された原画は、スタートから1978年秋の2週休載までのものが多い印象で、絵が荒れた終末期の原稿はわずかでした。
「BSマンガ夜話」(2002)において、江口寿史が「これでも(連載を)落とさず書くっていうトコが...、真面目なんですよねぇ」とコメント。
次の機会があれば、ファンとしては最終回の原稿も見てみたいところです。

―――――

30年近く前、西武新宿線「井荻」に行き、今でいう「聖地巡礼」を敢行したのだが、当時は情報が「井草3」しかなかったので、散策して、駅近くで冷やし中華を食べて帰ることになった。
2018052808.JPG

そしてネットの時代。ほうれん荘のモデルとなった下宿があること、それは井草3丁目・旧早稲田通りから近いこと、そしてその下宿は空き家として2018年の今も現存していることが分かったので、原画展のあと、聖地巡礼に出かけることにした。

おぉ!ついに悲願成就!
2018052809.JPG

2018052810 .JPG

実際の建物をみると、こんな場面の迫力も増幅されます。
2018052811.JPG

数年前と比べて、南側の駐車場がマンションになっており、あまり近くには行けない。
参考個人サイト:マカロニほうれん荘 探訪 

ちなみにこちらが、原画展にあった鴨川つばめ撮影の資料写真。
なお、連載1年目の1977年夏以前にはもう転居していたようです。
2018052812.JPG

2018052813.JPG
―――――

アシスタントが手伝っていたらこんなにピュアな原画展も成立しないし、作品のテンション感も全く別のものになっていたでしょう。
作家・鴨川つばめが完全燃焼したからこそ、ここまで愛され続ける作品となったわけで、ばくぜんとした表現ですが、私はここに「作家性」の尊さを感じた次第なのでした。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 16:24| 日記

2017年11月30日

ヤマハ掛川工場見学など

11/18;明日香村農林商工祭、縁あって提出した「おやゆびピアノ」が「生活手作り賞」入賞(3名。特賞などはなし)。
2017113001.JPG
賞状と現金*千円ゲット。
2017113002.JPG

同日、奈良県森林技術センター(お隣の高取町)「森と木の一日体験」見学。吉野杉を使ったバイオリンの演奏会など。
2017113003.JPG

吉野杉と吉野桧の割り箸をゲット。
2017113004.JPG

11/19:始発に乗って、9時過ぎに航空自衛隊岐阜基地到着。最近は手荷物検査なんてあるんですね。
武器を山ほど持ってるくせに、一般市民にビビるなんてカッコ悪い!と思うのは私だけだろうか。

2017113005.JPG
地上展示機が少なく、小雨まじりの天候のためブルーインパルスの演目も地味でしたが、

2017113006.JPG
レッドブル・エアレース世界王者・室屋義秀さんの曲技飛行が絶品! 

機体(エクストラ330SC)の機動性、サウンド、近さ・サイズ感が合わさり、迫力満点でした。
T-4なんて練習機ではなく、むしろこっちの機体でブルーインパルスを組んでほしいくらいだ。もしくはF-35Bで頼む。


11/20:静岡県掛川市。
2017113007.JPG

ヤマハ掛川工場・ハーモニープラザ展示室。
2017113008.JPG

工場見学は要予約で1日2回。各回20名まで。[ピアノ工場見学のご案内
ヤマハ概要ビデオ鑑賞やその他説明などで30分。残りの1時間で、グランドピアノの最終組み立て工程の1棟を見学できる。掛川工場全体の20%くらい、といったところか。
2017113009.JPG

まぁ、ライン製造の工場なもので、オモロいことはないが(むしろ、労働者目線だと身につまされる点の方が多い)、いい刺激になりました。
2017113010.JPG

見学記念のアクセサリをゲット。
2017113011.JPG

最寄りの天竜浜名湖鉄道・桜木駅。いい味出してる駅舎だ。ちなみに、私みたいに安宿に泊まって天浜鉄道でピアノを見に来る貧乏人は少ないように思われる。
2017113013.JPG

そして、名古屋で以前お世話になった方とお会いして示唆・激励などゲット(?)し、明日香村に帰着したのでした。

---
3日間も工房から離れた分、超過密・集中作業で来年展示会分を製作。前腕と手が疲れて、楽器を弾く気が全く起きません...。。
2017113012.JPG
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 06:39| 日記

2017年07月11日

宇治・平等院

近畿圏の人間にとって、京都(市内)は観光のほかに用事などで普通に行く場所で、主な寺社仏閣はいつ・何回行ったという意識すらないものです。
...なのだが、日本の歴史的建築の最高峰といってよい京都府宇治市『平等院鳳凰堂』となると意外に盲点で、そういえば私、行ったことがなかった。
(JR京都駅から宇治駅へは約25分、と、ちょっと離れている)

2017071101.JPG
言うのもヤボだが、十円玉に描かれているのは平等院鳳凰堂。

2017071102.JPG
今回初めて知ったのだが、1万円札の裏面の絵は現在、鳳凰堂の屋根にある「鳳凰」だ。(E号券:2004年から)
恥ずかしながら私は、キジ2羽(D号券:1984年から)のイメージしかありませんでした。

―――
テナーウクレレ初製作2本のうち、お客様に渡ったカスタム分のナットの具合がどうにも良くないため、宇治市に出向いて対応することにしました。
(テナー1弦の強烈なテンションに対し、ナットの質、溝の仕上げが不十分だった模様。...なんてバカ正直な記述でしょう)

で、調整・お渡しが無事完了し、お客様に昼ご飯をおごっていただき、クルマで平等院に連れて行っていただき、そいで一緒に見学した、という次第です。(甘え過ぎ...)

2017071103.JPG
ちなみにカスタム・ウクレレは、テナースケール、コンサートボディのコンビネーションで、ルックスのトータルバランスがとてもスマートでカッコいい(と私は確信している)一本です。フィッシュマンPU搭載。
―――

2017071104.JPG
平等院鳳凰堂。2014年に修理されただけあって、とても見栄えの良い状態の外観です。

2017071105.JPG
左右対称のトータルバランスだけでなく、屋根の傾斜や曲線、程よい装飾が絶妙だ。

真ん中の「中堂」と、両端の「北翼廊」「南翼廊」って、つながってないんですね。
廊に上がって宴会したり釣りをしたり、という高さ・広さでもないし、そもそも階段がない。
2017071106.JPG

2017071107.JPG
中堂内部は良い意味で自然に保存されている感じで、柱の細かいところも凝っていて見応えがあります。(パンフ写真)

「ここはいい感じだけど、日光東照宮の三猿って改悪されたらしいねぇ」なんて会話をたまたま耳にしました。
難しいところですが、朽ちるのをギリギリ止めて、あとは研究結果をもとに脳内で再現、くらいの方が私は好きです。

2017071108.JPG
併設の博物館(鳳翔館)では国宝の鳳凰(1万円札裏面の絵)も間近で見ることができる。(パンフ写真)
鳳凰堂も、こういった工芸物も、こねくり回した技巧を見せるのではなく、なんかこう調和感というか品が良いです。

2017071109.JPG
日本三古橋の一つ、宇治橋。「茶まつり」では欄干のちょっと張り出した所から川の水を汲むそうです。

2017071110.JPG
宇治川は鵜飼いも有名。近くの小屋では、仕事前にくつろぐ鵜の皆さんを拝見できる。
鵜飼い舟を見下ろしながら「今日は天ヶ瀬ダムが放流したはるそうやから、流れが速いどすなぁ」などと会話したはる。

―――
そんなこんなで、参道でグリーンティーを飲んで、おみやげの抹茶団子を買って、お客様には近鉄の駅までクルマで送っていただいて、「いやぁ、一日楽しかったなぁ」...って、違うだろ、違うだろー、オレ。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 04:39| 日記