2019年02月24日

明日香の匠展2019

2月23日から3月3日まで、県立万葉文化館にて開催されています。(入場無料)
https://asukamura.jp/takumi/artist.html

県立万葉文化館は昨年末の奈良新聞においてけっこう強めのディスり記事(ハコもの行政批判等々)が掲載されたこともあり、地域ではちょっと話題になっています。
公共の施設なんてどこも事情は同じようなモンじゃないのかなぁ、とは思いますけど、開会式での館長祝辞では内容のほとんどが記事への激アツな反駁となっていて、それはそれで興味深く聞かせていただきました。

他の作家さんの作品は、例年以上に力を入れたものが多い印象でした。
−−−
2019022301.JPG
ギター&ウクレレの新作を展示しました。

ギター:232FC
シトカスプルース・トップを黒で木地着色。
アクセントとして付けたピックガードは正倉院宝物の透かし彫り「彩文(さいもん)」柄をモチーフにしたもの。
2019022303.JPG

12フレットのインレイも「彩文」風にしています。
2019022302.JPG

ヘッドインレイはデラックス版。昨年度よりデザインと工法をわずかにリファインしています。
ボディ内部に軽くクリア吹き付けをしており、今後最終調整して、どんな音が出てくるか楽しみです。(音の反射は良さそう)


ウクレレ:U23「プリンセス・カイウラニ」
ハワイ王国最後の王女「カイウラニ」が明治の皇室と成婚していたら献呈したい楽器、というコンセプトで製作。
(当時、実際にあった縁談です。次回のブログネタ予定)
コアボディに桜の樹皮ピックガード。菊、クロス、ハイビスカスの花びらを取り込んだティアラ風のヘッドインレイ。飛翔する鳳凰を描いた指板インレイなどなど。
2019022304.JPG

2019022305.JPG


2019022306.JPG
裏面・ヒール部には白蝶貝を削り出したレリーフ。
波の音を思い出させる8弦仕様。コンサートボディサイズ/テナースケール。

実物を間近で見ていただかないと輝きの変化や微細なところが伝わらないと思うので、以上、むしろ淡々とした説明になってしまいました...。

---
5月の東京/大阪での展示会では、ピックアップ追加等々して仕上げたものをもってゆきます。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 03:40| 展示会