2018年11月07日

大和ハープ工房訪問


「大和(やまと)ハープ」は奈良県河合町の伊藤忍さん(しのぶ工房)によって作られている、アイリッシュに相当する小型のハープで、井藤和美さんが各地で演奏・普及活動をされているオリジナル楽器です。
井藤和美さんFacebook:https://www.facebook.com/kazumi.ito.315

2018110701.JPG
NHK奈良の放送を見て、地域を大事にして活動をされているのは素敵だなぁと感じたし、私自身も(コンサート/グランド)ハープの音楽が大好きなので(後述:我田引水します)、訪問させていただくことになりました。

2018110702.JPG
放送では桜の花びらをモチーフにした形であることや、音色、親しみやすさがフィーチャーされていましたが、楽器の実物をみると、開発やら製造など、かなり手間のかかったオリジナルパーツを装備していて、驚かされました。

チューニングピン、ヒッチピン、シャープレバーなどの金属パーツはオリジナル加工品!
なんと赤/青の染色弦もオリジナル。
加えて、プロテクトもちゃんと配慮したソフトバッグも自作されていました。

なお、弦はナイロン系というかカーボン系ですので音はウォームでマイルド。

2018110703.JPG

2018110704.JPG
ギターに比べると弦のトータルの張力も大きいし、したがって材木加工も大変だと思います。
その上、弦29本分のオリジナル・パーツの段取りもあるわけですから、技術はもちろん相当な根性やら思い入れがないとできないことだなぁ、と感心したのでした。


−−−
余談1
私はコンサートハープの楽曲が大好きで、CD収集のほか、パソコン通信時代にニフティ・MIDIクラシックフォーラムに譜面を打ち込んだデータをいくつか投稿していました。けっこう凝った演奏表現も込めたものです。

Webの時代になり、データ中の音源指定を外し、扱いやすい形式にしたものの一覧を作成。現在は当・明日香弦楽器の隠しページとして残存させています。
2018110705.jpg
Classical Harp MIDI:http://www.asuka-si.com/harpmidi


選曲に多少の好みはありますが、このジャンルの名曲は結構押さえています。

−−−
余談2
フランスのMODARTT社が開発したピアノ・モデリング音源「Pianoteq」。
その拡張音源として2015年に発表された「Concert Harp for Pianoteq」の製品案内ページに、私が制作したMIDIデータを使っていただいています。
Pianoteq - Harp:https://www.pianoteq.com/harp
2018110706.jpg

音色はもちろんPianoteqのハープ・モデリング音源を使用し、MP3データ化したもの。
デモ曲の「Am springbrunnen」「Impromptu-Caprice」「Une chatelaine en sa tour」「Petite valse」の4つが私のシーケンスデータを使ったもの。
そしてピンチ・ハーモニクスとグリッサンドのサンプルは、トゥルニエの「森の泉のほとりにて」の一部です。

ハープはマイクの設置で大きく音の印象が変わる楽器とはいえ、Pianoteqのハープ音色はとてもリアルです。
海外の掲示板では「振動する弦に指が触れた時のノイズが入っていない!」という声も見かけましたが、そーゆー揚げ足取りが出てくるレベルの音色ともいえます。

ーーー
...ということで、案内する機会のなかったネタ2題をやっと出せませした。
そのために大和ハープさんを取り上げたのではないのでご理解を。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 10:38| 地域