2018年09月04日

ベベルド・コンタ−

2018090401.JPG
右ヒジとギターが接触する部分の加工はエルボーカット、ショルダーレスト、ドロップトップ等々、いろいろな言い方があります。
特にアコースティックの場合、そもそも腕の内側・関節の部分なので、なくても演奏上は支障がなかったり、むしろない方が安定するという見方もあります。
ただ、あればあったで、ギターを構えた瞬間、ラクに感じるのも事実です。

ランニングシャツ、もしくは上半身裸で演奏する場合なども、具合が良いでしょうね。
(おぉっ!ミックとキースで見事に揃った)
2018090401b.JPG

後付けのパーツもいくつか市販されており、他の工房品でもシンプルなパーツを付けしたものが多くあります。
私の場合も、5mmのアクリル板を曲げてボディサイドに付けた実売例があり、実際これでも腕への当たりはソフトになります。鳴りに対する影響もほぼありません。
2018090402.JPG

ただ、後付けパーツは作った側からするとどうしても「後付け感」があり(当たり前...)、なにか他の方法はないかな、と模索してしまいます。

2018090403.JPG
まずは比較的にマイルドな加工例。これは当工房232モデルというおよそオーディトリアムサイズのボディに施したもので、通常のカドは2mm程度のRのところ、5-7mmのRになります。(232FC-2018-05-005)

そもそもボディが小ぶりで抱えやすく、これくらいで充分かもしれません。
トップとサイドの黒白黒パフリングを省略してないところもポイントです。
(材にもよりますが、オプションで1万〜2万プラスといったところ)

2018090404.JPG
次が「ベベルド・コンター」とも言われる、斜めに大きく切り落とされたタイプ。(ベベル:bevel=斜角)
もちろん弾きやすさは個々人の好みとはいえ、大きなドレッドサイズで、ストローク弾きが多い奏者にとってはフィーリングが良いかもしれません。

作る側からいうと、アコースティックギターではバインディングやパフリングがあるため加工が大変なものの、そういった処理を含め、嗜好や腕の見せ所でもあります。
テイラーのカスタム風のなだらかな変化も自然でよいですが、私は「ココ、加工されてますっ!」的なルックスが好みです。

2018090405.JPG
まずは、通常のバインディング、パフリング用の加工を先に済ませる。

2018090406.JPG
45度のドリルでカット。写真は工房用実験分・ひさびさ加工のためキレイではないので、自分の名誉のため(?)一部モザイクをかけさせていただきました...。

2018090407.JPG
あらかじめ曲げた板を貼り付け、トップとサイドにあわせて削り出します。

2018090408.JPG
トップのみならず、サイドの黒白黒パフリングもベベル部に沿わせ、通常のボディパフリングと律儀に連結させます。

2018090409.JPG
写真のギターはベベル部がフレイムメイプル、バインドは竹でした。
製作者によって手順はことなると思いますのであしからず。
2本目はそれなりにスムースに作業が進みます。

20180904010.JPG
とはいえ、きっちり仕上げるには非常に手間のかかる作業です。バインドやパフリングの仕様にもよりますが、今のところオプション見積もりはプラス3万から4万円としています。
お客様カスタム品の方は6月に本ブログで紹介しました。

―――
しばらくはこんな加工もないだろーなー、と思っていたら、今はこういうオーダー品を作っています。
ウクレレのスプーンカット加工です。
20180904011.JPG

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 11:24| 製作