2018年08月02日

100円ウクレレ

2018080201.JPG
ダイソー、セリアでも基本的にモノは同じ。近くのセリアには写真左右の2色があった。
このテのものではディズニー柄のおもちゃを見かけるが、こちらはメチャメチャ小さくて(全長28p、弦長19p弱)、なんといっても100円。
弦は1&2弦、3&4弦がブリッジでつながっており、なかなかまともな調弦はできない。

意外にフレット位置は正確で、弦高もほどよく、ブリッジ後ろにはすき間があり、なぁんか可能性を感じる。

牛刀をもって鶏を割くなどイキではない。「最低限の加工」「一般的な弦を使う」というテーマをかかげ、作業開始です。

1.ブリッジの弦掛け加工
ソプラノウクレレ同様、弦を引っ掛ける方式にします。
弦はオーソドックスなGHS弦のソプラノ用。

2018080202.JPG
1弦‐4弦で26.5mm。弦間ピッチは26.5÷3で8.8mmが適切だ。
カッターなどで削り、玉むすびした弦が引っ掛かるようにする。
柔らかい樹脂なので、一回弦を通してサウンドホールから出し、引っ張ってクセをつけると、良い具合の幅になる。

2018080203.JPG
ピッチ角を付けるために、ここを斜めにけずるのもあり。

2018080204.JPG
サドルは0.5から1.0mm程度の厚みなら何でもよく、今回はバインディング用の白セルを切ったものにしました。
取り付けは完成直前でOK。


2.ストリングガイド加工
2018080205.JPG
ゼロフレット+ストリングガイドという仕様。おいおいモズライトのギターかよ。
ただ、ストリングガイドが高くて0フレットから弦が浮いているので、ストリングガイドに切込みを付ける。
1弦‐4弦で14.0mm。弦間ピッチは14.0÷3で4.6mmが適切だ。


3.ペグ
ツマミは表側に付いている。かんたんに引き抜けます。
しゃらくせぇ工夫はせず、そのまんま使いましょう。
弦を穴に通し、さらにペグを押し込むと、最低限のトルクが得られます。

2018080206.JPG
裏で弦を結びつけます。
あまった弦は短くして、先はライターであぶって丸くしておきましょう。


そうして完成!要領よく進めば、作業は30分程度か。
2018080207.JPG

通常のウクレレ調弦と同じにするのが、ネックの強度的にも安全です。
もちろんテンションはユルユル(特に3弦)ですが、とりあえず音程は出せます。

2018080208.JPG
木目柄シートはシールはがし液をつかって除去可能。音的には、はがさない方がマイルドです。
すると、こういうルックスになります。おいおいレインソングのギターかよ。
2018080209.JPG

こうなると、海、プール、お風呂でも使えるなぁ...はっ!

...。oо○ 回想 ○оo。...
20年ほど前・会社員の頃、樹脂製のウクレレペグ、ブリッジがリペアパーツにあったので、レジン(合成樹脂)でウクレレ本体を作ったことがあります。

2018080210.jpg
「レジャー用の耐水ウクレレ」を会社に提案し、周囲にはウケたものの、「んで、どこの工場で作んのよ、んあぁ?」みたいなことで、ボツになりました。
まぁ、そこを乗り越えるほどの「熱」も自分になかったかなぁ、と。

...。oо○ それはともかく ○оo。...

2018080211.JPG
酷暑の折、どうぞご自愛ください。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 14:45| 製作