2018年06月06日

HOTAKAインレイ指板・カスタムギター

2018060601.JPG

今春完成のカスタムギターのご紹介です。(Model 151FC カスタムオーダー品)
鶴が描かれた指板のインレイ装飾は、三重県津市の「HOTAKA CUSTOM INLAY(加藤穂高さん)」によるもの。

オーダー主様とHOTAKAさんがデザイン等を詰めた上で、私からはある程度加工した指板のみをHOTAKAさんに発送。
インレイ完了品がこちらに戻され、ギターを完成させる、という流れでした。
(こういった形のコラボ・外注は今回が初めて)

2018060603.JPG
解説するのもヤボなほど、圧倒的な仕上がりの美しさ!

2018060604.JPG

2018060605.JPG
電話でいろいろお話しをさせていただきましたが、このレベルの経験・技術の持ち主の方になると、切るとか掘るとかいう水準はとうに超えていて、材の選別や、光源や視点を配慮しながら、最も美しく全体が映える計算をして作業をされているようです。

2018060606.JPG
世間ではレーザーカットのインレイも普及しており、実際、比較的に安価でキレイです。
ただ、加工前の材の選別はもちろん、デザインのストックやアレンジ、鋭角や曲線の表現、カーヴィング(筋彫り)を含めた全体の印象は、「作家」ならではの表現力が大きく反映されるのですね。
そういった点でも、仕上がった指板を見つめるだけでも勉強になり、良いコラボ経験をさせていただきました。

2018060607.JPG
ところでそれ以外(?)、不肖わたくしめが作った部分もなかなか凝ったもので、フレイムメイプルにローズ張りのヘッドに赤みの強いアバロンインレイ、5o幅のアバロン/赤べっこうセルのコンビネーション口輪、白蝶貝に赤透明を加えたブリッジインレイ
2018060608.JPG

ジャーマンスプルース3Aグレードのトップにはアバロンパフリング。
ローズウッド・バック&サイドなので、音色はアコースティックギターのど真ん中ともいえる、とてもいい意味で素直な印象でした。ドレッドサイズらしく鳴りも充分。

2018060609.JPG
ショルダーレストはベベルド(斜角)・タイプ。
トップとサイドのパフリングもキッチリ添わせるので、なかなかの高難度加工です。これについては別の回で紹介します。

2018060610.JPG
これに先立つ数か月前には、同オーダー主様のコンサートウクレレも完成させています。
HOTAKAさんは関わっていませんが、こちらもゴージャスなルックスです。

―――――
話かわって;

シンガーソングライターの坂本麗衣さんの新作「The Night Blue」。
2018060611.jpg

ファンの方からご配慮いただいて、昨年は大阪のライブハウスで拝見させていただきました。

2018060612.jpg
ジャケット、チラシ、Web等でも明日香弦楽器のカスタムギターを映り込ませていただいております。
坂本さんはキーボードもギブソンのアコギも弾かれますが、プライベート・作曲では有難くも明日香弦楽器のギターを愛用されていると伝え聞いております。

歌唱や声質も個性的で魅力的な方である一方、「欅坂46」のアルバム収録曲・長濱ねるさんのソロ曲「100年待てば」を楽曲提供されているそうです。
ソングライターとしての今後の活躍にも期待ですね。

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 22:17| 製作