2017年11月12日

第69回正倉院展

2017111201.jpg
吉川英治のエッセイ「正倉院展を観る」(1959)に、
「なんについてもいえることだが美術工芸も時とともに堕落と迷いの一方をたどってきたといっていい。」
という一節があるのですが、実際そう思えてくるくらいに見応えがあります。

そして、宝物群はいかに装飾的であっても、基本は用具・実用品だということが、正倉院展のおもしろみです。

ところで、京都では「国宝展」が盛況だそうですが、正倉院宝物に「国宝」は一切ありません。
『宮内庁による十分な「管理」が行われている』という見解から、建物以外すべて文化財保護法の対象外になっているのだとか。深いなぁ。
(以下、画像は展示会パンフ、非公式twitterから)

2017111202.jpg
漆槽箜篌 [うるしそうのくご]
「くご」はいわゆる竪琴/ハープ。収蔵品と復元品。
ペグもあるし、弦をひっかけるヒッチピン(ギターのナットに相当)もそなえた、けっこうまともな楽器だ。

2017111203.jpg
ギドン・クレーメル&吉野直子という超攻撃型タッグの癒し系アルバム『Insomnia (眠れない夜)』収録、高橋悠治作曲 「ヴァイオリンと声と箜篌のための版」では、箜篌の音色をたっぷり14分も聴くことができます。

2017111204.jpg
木画螺鈿双六局 [もくがらでんのすごろくきょく]
一部、ガラス玉か何かで3mmほどの丸を隆起させているのが確認できる。

2017111205.jpg
今回の展示ではないけど、似た感じの琴(檜和琴・ひのきのわごん)と、作者が一緒だったりするのかなぁ、などと想像するのも楽しい。

2017111206.jpg
碧地金銀絵箱 [へきじきんぎんえのはこ]
傑作ぞろいの絵箱カテゴリーのなかで、本作は写真だと地味な印象だったが、実物は、絶妙な色彩感がとろけるほどの魅力をかもしだす絶品でした。
見た瞬間、あやうく尿道括約筋がブレイクダウンしそうになっちまいました。

2017111207.jpg
最勝王経帙 [さいしょうおうきょうのちつ]
正倉院収蔵物の中でも人気の一品。写真だとエンジ色&金色っぽくみえるが、もともと紫&白だったらしい。

2017111208.jpg
迦陵頻伽(かりょうびんが)という人面鳥身の極楽浄土キャラが中心に描かれている。
俯瞰でとらえれば傑出した見栄えですが、ここだけ見ると、ファミコンのドット絵みたいでもある。

余談ですが、1980年前後に「上田知華+カリョービン」という、ボーカル/ピアノ+弦楽四重奏という異色のグループが活動していて、私も結構好きだったのですが、その「カリョービン」はこれが由来。こんなところで元ネタに出会えるとは。

2017111209.jpg
メインどころ以外で印象に残ったのは「綾継分房付幡等」(あやのつぎわけふさつきばん)。
(おことわり:第127号櫃 第25号、第129号櫃 第104号、あたりがごっちゃになっているかも)
写真では全く伝わらないけど、細密で独特な色彩の中に、現代でも通用するエンブレム風の意匠が組み込まれている。

ということで、今年はじゅうぶん満足できる正倉院展でした。
2017111210.jpg

―――

2017111211.jpg
エルボーカット加工がようやく終了。
トップ/曲面サイド/そこを45度カット/フレイムメイプル貼り合わせ/さらにバインド、アバロン、白黒パフリング...と、さすがにこれは手間がかかります...。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 03:18| 地域