2015年10月22日

「サウンドメッセ」ご案内

「日本最大!10,000本のギターが大集結!!」第6回サウンドメッセが、来月開催されます。

20151022_01.JPG
サウンドメッセ
大阪南港ATCホール 2015年11月14日(土)-15日(日)
http://www.sound-messe.com/

明日香弦楽器は、2メートル幅のブースにて出展いたします。

−−−
今回用に、新規製作をしています。(塗装乾燥中)
フローレンタインカッタウェイ。ドレッドノートサイズですが、少々ウェストをしぼった新ボディシェイプ「151タイプ」。

20151022_02.JPG
アバロン/レッドタートイズのコンビネーションからなるロゼッタは、通常、貝の幅が3.5mmですが、今回はゴージャスに5mmの幅。ラミネート貝ではないので、ピュアにキレイです。

ゴージャスついでに、イングルマンスプルーストップのパフリングに貝をあしらっています。

20151022_03.JPG
ブビンガバック&サイドは色も模様の変化も華麗で、好きな材です。
やや硬めな材で、楽器全体の音の方向性も、ある程度は重厚な感じがあれば良いな、と思っております。

20151022_04.JPG
ヘッドインレイのデザインは、今年作った「睡蓮・ウォーターリリー柄」のデラックス版。
初めての試みとして、ヘッドパフリングとして白セルを埋め込み、アクセントがありつつ、端整な雰囲気を目指しています。

フィッシュマンのマトリックス・インフィニティピックアップを搭載予定。
気力が残っていれば、ヘッドフォン試聴用として、ローランドのアコ・アンプを持ってゆくつもりです。

−−−

エレガットの準備もしていたのですが、時間的にきびしくなったので、今回は断念。(ジャーマンスプルーストップ)
20151022_05.JPG

時間がなくなった要因のひとつが、地元の民芸品店で売っている「おやゆびピアノ」で、これの製作のため週に1日ほど取られてしまう。
20151022_06.JPG

こんな7cmほどのパーツも、自分でチマチマ作り続けているのですが、うぅむ、多少アホじゃないとできない、地味な作業だ。
20151022_07.JPG

20151022_08.JPG
そんなわけで、これらを販売用にいくつか持ってゆきます。
両端の少し小さいの(TP-8H,TP-8L)を1,500円、まんなかの大きいの(TP-15)を2,000円にするつもりです。よろしければお土産にでもいかがでしょう。

−−−

明日香弦楽器のブースNo.はB18です。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 02:41| 展示会