2021年06月09日

長谷寺・わらしべ長者

奈良県桜井市の長谷寺(はせでら)は「花の御寺」として、また399段の登廊でも知られる人気の観光地。
20210609b01.JPG

20210609b02.JPG
お寺めぐりの趣味がない私でも、高低差のある境内の景観はとても素晴らしいと思いました。

20210609b03.JPG
階段も思ったほどドぎつくないし、休憩所等の設備も充実。ご本尊(十一面観世音菩薩)も厳粛かつ荘厳でした。
――――――

さて、長谷寺は昔ばなし「わらしべ長者」の原作の舞台として、『今昔物語集」「宇治拾遺物語」で取り上げられています。

20210609b04.JPG
仁王門から出てワラを拾い、善意の物々交換をしながら北上し、最終的には京都の九条にいたる行程約70キロメートルのロードストーリー。

20210609b05.JPG
(写真:パンフレットより)
原作での主人公は観音像の前に居座る、ただただ迷惑で面倒なヒトだが、ともかくは観音様にすがることによって貧乏という宿命/カルマからの脱出を果たす仏教説話です。

一方、アンデルセンの童話「マッチ売りの少女」の解釈/教訓の一つに「貧乏人にとって幸福は死によってのみ得られる」という見方があるようです。
放送大学ラジオ『人間にとって貧困とは何か』(西澤晃彦)は宿命論に社会学としてカウンターをぶちかます、切り口・語り口がなかなか素晴らしい内容です。いろいろ考えさせられますねぇ。(身につまされるというか...)
――――――

20210609b06.JPG
長谷寺門前。いつでもコケられる態勢でワラを探したが、まったく落ちてません。

20210609b07.JPG
日々、地道にやっていくしかないかぁ...。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 17:32| 地域