2021年03月02日

鹿鳴(村産材使用)

20210302_01.jpg
2021年の第7回「明日香の匠」展に出品した新作ギター「鹿鳴(村産材使用)」です。
ぜひ画像クリック・別ウィンドウで拡大表示してご覧ください。

ボディ456x314mm、弦長632.5mm、12フレットジョイントのいわゆるビンテージスモール/19世紀ギターサイズで、ブレーシングを含むほぼ全ての部材に明日香村産の木材を使用しています。
(スギ、ヒノキ、ヤマザクラ)

装飾図案の参照元は下記の通り;
口輪:法隆寺/東京国立博物館 「光背」C0044884・N-196_27
ボディパフリング:(花菱意匠)正倉院「紫檀螺鈿五絃琵琶」
 (菱-丸配置)アントニオ・ストラディバリ「サンライズ」
 (ボディ下部半円配置)名称不明・19世紀ギター
ブリッジ、表面板下部:正倉院「紫檀螺鈿五絃琵琶」
ボディサイド:正倉院「三合鞘御刀子」
背面・人物螺鈿:(笙、笛、太鼓)正倉院「墨絵弾弓」 (琴)正倉院「金銀平文琴」

白蝶貝を主に使用し、ボディパフリングの菱と丸はミミ貝。
ブリッジピン/エンドピン部を除き、加工した貝のパーツ点数は224個です。
また、貝への筋彫りも多数行っています。

20210302_02.JPG

20210302_03.JPG
サイドバインディングには赤べっ甲セルを2枚使用して幅広に。
また着色バーチ薄板による装飾をサイドに施しています。
そしてこの「三合鞘御刀子」の図案を引用・再構成してホンシュウジカの角を表現したのが、指板のオリジナル・インレイです。

20210302_04.JPG
ボディウェスト部にある4箇所の透明赤デザインもオリジナルのアイディアで、こういったアクセントや曲線に変化を加えるのはエレキギター的アプローチかもしれません。

20210302_05.JPG
ナットとサドルには奈良県猟友会明日香支部からいただいた鹿の角を使用しています。

20210302_06.JPG
サウンドホール内側にも赤べっ甲セル。指板セルのカド部は熱で曲げました。

20210302_07.JPG
背面。板目のヒノキに詩文を掘り込み、アンバーのオイルステインとつや消しクリアで塗装。掘り込み具合をしっかりと残しつつ、文字を明瞭に仕上げています。

詩文は孔子が編纂した「詩経」からの引用。
「小雅 鹿鳴」はおおざっぱにいうと「宴会・もてなし」を表現した詩で、この楽器の装飾群も詩の内容や風情を意識して作っています。
鹿の鳴き声や楽器、儒教上の理想の政治などを深掘りすることもでき、詩経においても人気の収録作のようです。

明治期の「鹿鳴館」の名称も、この詩を元にしています。
鹿の鳴き声や楽器、詩そのものについてはまた別の機会に。

−−−−−
製作工程など。
20210302_08.JPG

20210302_09.JPG
−−−−−
実は展覧会に間に合わせるための仮組み状態で、まだ音は出していません。
現在はいったんバラしてやや雑だった塗装をし直しているのですが、ハコとしてはちゃんと鳴るようなので、さきざきは弾ける楽器として完成させます。
明日香弦楽器の型番としては「Model 300」とし、今後も同シェイプのギターを作っていく予定です。

<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 16:28| 製作