2021年01月16日

とんど

「明日香匠の会」第三回新春作品展 犬養万葉記念館 1/17日まで。
 *地域向けの小規模展覧会。12弦ギター展示中。
 
明日香の匠展 奈良県立万葉文化館 2/6-14
 *新作ギター1本を出展予定。

*本年度、大阪(4月予定・出展受付中)、東京(5月予定・受付前)の展示会に、明日香弦楽器は参加いたしません。イベント関連で諸変更があればWebでお伝えします。
-----

地方によって「左義長(さぎちょう)」「どんど」などと呼ばれる「とんど焼き」は、小正月(1月15日あたり)に行われる習俗。
災難よけや豊作、家内安全などを願うもので、由来が宮中行事のため基本的に宗教性はなく、その様式・行事内容は地方どころか集落によっても異なります。
9年前にこちらに来るまでは私も、書初めを焼いたりする行事があるらしい、くらいの事しか知りませんでした。

ここ明日香村上居(じょうご)は世帯数20弱の集落。
まずは午前中に竹集めをして、棚田の空きスペースに軽トラで運搬。
2021011501.JPG

2021011502.JPG

支柱を立てて竹を集め、藤のツルで縛りあげ、さらに竹を突っ込んでゆけば完成。高さ約5メートル。
これで午前の作業は終了です。
2021011503.JPG

2021011504.JPG

午後6時。
2021011505.JPG

今年の恵方である南南東から着火。そして燃え上がってゆきます。
2021011506.JPG

2021011507.JPG

・・・と思ったら、風が強い事もあってうまく火が広がらなかったので、早めにぶっ壊すことに。
2021011508.JPG

ホント、天然の造形・デザインに勝るものはないですねぇ。
2021011509.JPG

竹がパーンと爆(は)ぜるリアル爆竹が周囲の山に響き渡り、痛快だ。

最後に、ロウソクにとんど焼きの火を移し、ちょうちんに入れて各家庭に持ち帰り、神棚に供えて無事終了、ということになります。
2021011510.JPG

-----

2021011511.JPG
「明日香の匠展」提出作品を全力製作中。
間に合うのか不安なのと、仕事で不実な対応を何件かしてしまっている心苦しさと、作品が日々できあがってゆく興奮で、もう、感情がぐっちゃぐちゃです。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 07:27| 地域