2019年07月08日

いぼたろう

2019070800.JPG
先日、和楽器の製作をしている方とお話しをする機会があった。

「ところで、桐製の琴の塗装には何を使っているんですか?」
「『いぼたろう』です」
「あー、いぼたろう、ですか。はいはい」

...と返したものの、さぁーっぱりわからない。
イボイノシシの子供(うり坊)だろうか...。
2019070801.jpg

−−−
2019070803.JPG
イボタ蝋(ろう)は、モクセイ科のイボタの木に寄生する、イボタカイガラムシの分泌物を精製した蝋。
古来からある高級艶出し剤で、家具・日用品・楽器のほか、敷居の滑り用などにも使われるそうです。

2019070804.JPG2019070805.JPG
通販でも入手可能で、固形タイプのものと、粉末タイプがあります。
固形・敷居滑り用の「丸徳イボタ」は77gで550円。粉末(粒状)タイプは100gで2160円。

そしてこのイボタ蝋と「うづくり」という道具を使う「浮造り(うづくり)磨き」なるものがあるらしい。また、またぁ未知の単語が...。

−−−
もぉ我慢できない。衝動のおもむくまま、ウチからクルマで17分の桐専門製材所に突撃し、いくつかの桐材を入手しました。

ホームセンターでも桐材は売っていますが、あれは中国産で、冬目(固い部分)がないもの。
国産材も流通しているが、多いのはアメリカ東部産で、質も十分に良いそうです。
その昔、華僑が良い苗木を中国から持ち込んだとのこと。

2019070806.jpg
なお、製材所ではこういった茶色い、細かい粉末のイボタ蝋が使われていました。

2019070807.JPG
こんな杢(もく)の入った桐材もあるんですね。なんてステキ。

2019070808.JPG
持ち帰りの際に、小さめの端材を紙袋に入れてくださいました。
なんか、本場仕込みの高級フランスパンに見えなくもない。

2019070809.JPG
「うづくり」は通販サイトのモノタ蝋、じゃなかった、モノタロウで入手。
ナイロンブラシ+電動ドリルでも加工できるし、ドラムサンダーのようなうづくりマシンを使っている工場もあるようですが、今回はあえて手作業で、イボタ蝋を使いながらゴシゴシ。

2019070810.JPG
すると写真右上側、やわらかい夏目が削り落とされ、こんな仕上がりになる。渾身の力はいらない。

2019070811.JPG
軽く焼きを入れたあとにうづくり加工をすると、こんな具合。板目/柾目によって、風合いがかわります。

そんなわけで、ほんのちょっとだけ昔ながらの技法に触れてみた次第でした。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 02:21| 製作