2019年06月11日

232FCクラシック

クラシックギタリストが主人公の平野啓一郎「マチネの終わりに」。
本をざっと目で追ったかぎりでは、「オレの愛器・〇〇!」的なプッシュはなく、たしか、スモールマンは合わなかった、フレタ、フレデリッシュは地震の時も無事だった、みたいな表記がわずかにあったような。(いいかげんな情報です。あしからず)

2019061101.jpg
11月公開の映画で使われているギターは現時点でモデル不明だが、最近公開された写真では松/スプルーストップっぽい。福山雅治ライブではアントニオ・マリン・モンテロ(杉トップ?)使用、との説も。去年の紅白で使っていたのがそれかも。
現時点の広告ではギターの露出はゼロ、とはいえ、まもなくクラシック/ナイロン弦ブームが来るかもという希望的観測が楽器業界にはあります。

−−−
兵庫県川西市立東谷中学校の第2理科室から聴こえてきた音色にひかれてギタークラブに入部。中学2年でアコギをはじめつつ、以来、大学の部活でも熱心にクラシックギターに取り組んでいた、つもりですが、
2019061102.jpg
1987年頃の部活練習中の写真。チョケて、周囲の嘲笑を喰らってますねぇ...。

工房スタートにあたり、純クラシックの製作は考えていなかったものの、ヘッドは最初からエレガットに転用しやすいデザインにしていました。

−−−
20190601103.jpg
そして今年、「クラシックギター」らしい雰囲気を残しながら、アコ、エレキ奏者にとって弾きやすく、プラスアルファも盛り込んだエレガット「232FC "Classic"」を製作。

20190601104.jpg
ヘッドはもちろんスロッテッド。装飾は落ち着いた輝きの「黒蝶貝」をシンプルに入れました。
この上なく丁寧に木部の加工/調整をしたので、ペグの回転もきわめてスムースです。

ナイロン弦でも一般にネック反りは発生しうるので、アコ同様アジャストロッド+カーボン2本をネックに埋め込み、ヘッド側で調整できるようにしています。

ナット幅は47mm。1−6弦ピッチは38mm。
43mmくらいの方が個人的には好みなのですが、いろんな方に仮加工したものを試してもらった結果、細いのはかえってエレガットらしくないという意見が多かったのでした。

20190601105.jpg
トップ材はジャーマンスプルース。ブレーシングはダニエル・フレデリッシュのスタイルを少々取り入れた、クラシックらしいファンタイプ。
えらいもので、これによりトップ鳴りというか弦のレスポンスがしっかりクラシックギターのテイストになります。

20190601106.jpg
クラシックらしい外観/仕様は残す一方、400R指板に合わせて、ブリッジにもRがついている。
サドル側の弦ピッチはアコと同様、1-6弦で55mmです。

20190601107.jpg
5mm幅のベベルド・コンター、フローレンタインカッタウェイ、ボディサイド側ストラップピン、14フレット位置ジョイント、1弦のみ延長指板・24フレット、といった所が特徴。
ピックアップはL.R.バッグスのリリック。トップ鳴りを上手に拾っている印象です。

20190601108.jpg
塗装は通常のアコと同じポリウレタンを気持ち薄めに。シェラックやラッカーも検討しましたが、手入れがしやすく、どんな演奏環境でも安心して扱える点を重視しました。
−−−

ともかくは演奏性や音も良い具合に仕上がり、「宿願」みたいなものが叶って私は結構満足しています。
これを基本としたカスタムもお受けいたしますので、気になる方はご検討ください。
<以上:明日香弦楽器
posted by Satoshi Orisaka at 23:35| 製作