2019年04月01日

ロゼッタ用インレイ加工

2019040101.JPG
ロゼッタ/口輪に使うインレイは、加工済み品を大和マークから入手できます。
ラインアップにない寸法(幅、内径/外径)やその他素材でも、特注で加工してもらえます、が、多少お高くなります。

2019040102.JPG
ギター製作参考書の定番「guitarmaking; TRADITION AND TECHNOLOGY」には加工の方法が紹介されており、今回はこれを参考にしながら、自分なりの冶具を作ってゆきます。

なお、大和マークのパーツは断面の感じからして、今回とは別の、もっと効率的な加工法によるものと思われます。
ーーー
2019040103.JPG

2019040104.JPG
まずは内側を削るパーツ。ボール盤用の自由キリで円盤を作り、軸と布ヤスリを取り付ける。

2019040105.JPG
貝は20mm幅に。台座のガイドに沿わせながら、内径をけずってゆく。けっこう簡単。

2019040106.JPG
外側はいったん糸ノコで切りだす。

2019040107.JPG
1.5mm厚のインレイを固定するパーツを作る。

2019040108.JPG
そして台座に設置。外側の半径を支点に、回しながら外側を削ってゆく。
希望の寸法にするには、台座位置の微調整がそうとうに必要です。

2019040109.JPG

2019040110.JPG
そうして、ようやく完成。

2019040111.JPG
使用例1;ギター用、アバロン緑・ラミネート、幅5o。内径58.5R。
大和マークでも同サイズ品はあるが、ラミネートではなく1枚貝。なので、自然な美しさがあるものの、削りすぎると色味が変わるので注意、そして値段が高い。
自前のものは緑の色味が安定的かつハデで、安くできる、というメリットがある。

2019040112.JPG
使用例2;ウクレレ用、白蝶貝、幅3.0mm。内径31.7R。
今まで1.5mm幅しかなかったので、今後はアバロンなども使用してより華やかな口輪を作れるようになります。

そんなわけで、工房の加工技術がほんのちょっと進歩した、というお話しでした。
−−−

新元号「令和」が発表されましたね。典拠は『万葉集』だとか。

2019040113.JPG
日本最初の元号「大化」が生まれ、万葉集とのゆかりも深い明日香村周辺のソメイヨシノは満開直前。
世間では10連休も控えているそうですが、大阪/東京での展示会の準備に加え、ご当地楽器「おやゆびピアノ」の充填などでドタバタしています。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 11:53| 製作