2018年04月07日

ダブルネック憧憬

2018040701.JPG
2月の地元展示会、そして5/12-13大阪、5/19-20東京の展示会のために作ったショーモデルが「U23W」。
テナースケール/コンサートサイズボディ長/ダブルネックのウクレレです。

2018040702.JPG
まだ調整したり、ピックアップを付ける作業が残っているのですが、ともかくは「8弦を作りたい、ダブルネックで作りたい」という衝動を具現化できて、ひとまず悦に入っております。
(あっ、ケースをどうしよう...)

―――

さて、ロックの名曲といえばレッド・ツェッペリンの「天国への階段」、そしてイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が鉄板・別格といえるでしょう。

おなじみのシーン。
2018040703.JPG

これまたおなじみのライブシーン。
2018040704.JPG

ギブソンSGのダブルネックは、ストラト/レスポールとは別の、ロックミュージックの究極兵器といった存在感があります。

2018040705.JPG
ジミー・ペイジに扮した「マカロニほうれん荘」のトシちゃん。
(「マカロニ」ではギターが頻出しますが、わりとどれも丁寧・正確に描かれています)

2018040706.JPG
ブーさんのダブルネック・ウクレレはバリトンスケールだろうか。8弦側が下に配置されている。

2018040707.JPG
中学生の頃にケント紙で作った、ミニチュアギターのダブルネック版。
たぶん、森島みちお著「“ギター”この方法を知っておけ」(昭和55年)のイラストに影響されたんだと思う。
2018040708.JPG

2018040709.JPG
前職ではこんなのもあったなぁ。最初のロットがドカーンと売れて、次のロットは...。レアモデルではある。

2018040710.JPG
変則ダブルネックとして、マイケル・アンジェロのギターなんてのもあります。

2018040711.JPG
そんなカツラおじさんとの親交もある名手スティーヴ・ヴァイはトリプルネックもプレイする。
下側の6弦はフレットレス仕様だ。

2018040712.JPG
テクニカル系だと、この方も外せませんな。市販されたモデルでした。

―――
何にしても、ダブルネックってココロ踊りますよね。

今回はそんな熱いロック・スピリットを秘めた製作だったのですが、2月の展示会の搬入の際、箱から取り出したダブルネック・ウクレレを見て、女性スタッフがこう言いました。


「あら〜!双子ちゃんっ!黒ハート

まったく、レディのラブリィ脳にはアイ・サレンダー/降参だぜ。
2018040713.JPG

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 17:37| 製作