2017年12月30日

2017追補

2017122901.JPG
カスタム工房とはいえ、今年は新規の型が多くて、毎回が新製品の状態でした。
他にも製作イベントや突発の作業、思い付き試作などがあって、「1年長かったなぁ」というのが正直な感想です。

2017122902.JPG
エレキのボディ。クリア吹き・研磨のみなんてのもありました。

---
次に超カスタム品をご紹介。春の多忙期の完成だったので、取り上げそこなっていました。

2017122903.JPG
オーダー主様ご希望のボディ型。ウチのタイプ的には「Model 171」としています。
主要材はワンピースネックを含め、お客様調達の持ち込み。赤い指板・ブリッジは「サティーネ」、バック&サイドは「黒柿」、トップは「屋久杉」とのこと。
バインディングは「孟宗竹」。

2017122904.JPG
扱いがむずかしいので、材の持ち込み一般に避けられがちですが、レア材は私も勉強になるし、お客様には「丁寧に作ります/ちょっと割れても不自然さがないように努力すると理解・信頼していただけるなら」といった説明のうえ、今のところお受けすることにしています。

オリジナルの型は別料金ですが、これも、基本設計(スケール、ブレイシング位置など)が変わるほど極端なものでなければ、今のところお受けすることにしています。

2017122905.JPG
ネックのヒール形状も超個性的。ハイポジションへのアクセスと剛性、スムースなカーヴを両立したオリジナル加工です。

2017122906.JPG
ヘッドは白蝶貝インレイで、高盛り(ポッティング加工)は貝の輝きを生かすためにやや抑えられています。
塗装は20%つや消し。ペグ/ペグボタンもお客様持ち込みでした。

2017122907.JPG
黒柿の柄の位置にもこだわり、シミュレーション画像でやりとりをしながら確定させてゆきます。

なお、すでにいくつか個性的な楽器を準備していますので、来年も気が向いたら拙ブログにお立ち寄りくださいませ。

---

長い1年ではありましたが、年末のテレビでこのキャラを見ると「もう1年たったかぁ」とも思います。

2017122908.JPG
太秦の俳優「岸大介」さん(ダイアン西澤)。そういえば、県医大の学園祭に行ったなぁ。(ダイアン、天竺鼠、アインシュタイン)

来年も良いお年を。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 06:11| 製作