2017年09月30日

ロングネック

2017093001.JPG
ウクレレにはソプラノ(弦長約350mm)、コンサート(約380mm)、テナー(約430mm)、バリトン(約510mm)といった4つの種類があります。

軽やかな音やサイズの小ささもポイントであるウクレレには、これら4種をつなぐ「ロングネック」というジャンルがあり、ソプラノのボディにコンサートのスケール、といった組み合わせが一般的です。

明日香弦楽器の製品としては「ソプラノボディ/コンサートスケール」でのWeb掲載モデルはありませんが、試作・お遊び製作をしたことはあります。

2017093002.JPG
34フレット、Fホール、18フレットジョイント仕様の「ソプラノ/コンサート」モデル。何フレットでジョイントするかによって、ブリッジ位置もふくめ、印象が変わってきます

2017093003.JPG
ほぼホームセンターで売っている材でつくった「ソプラノ/コンサート」スタイル。15フレットジョイント。雑にあつかえるので台所で愛用中。

2017093009.JPG
ついでに、これはイントネーションのチェック用に作った「ソプラノボディ/テナースケール」。18フレットジョイント。

2017093004.JPG
今年製作した正規モデルで、コンサートボディ/テナースケールの「U23」。軽やかな音、スマートなルックスで気に入っています。

2017093005.JPG
そして、先日完成したオーダー品は、ソプラノボディよりひとまわり小さいボディとソプラノスケールを組み合わせた「U01」モデル。
世間には「ポケットウクレレ」的なミニウクレレもありますが、専用弦を使用するものが多いかも。
今回は弦間隔やスケールはノーマルなので一般性があり、私もノリでオーダーをお受けしたわけです。

2017093006.JPG
弦とフレットの向こう側で躍動する蝶のインレイ。お客様希望を指板・フレット位置に合わせてアレンジしたシェイプです。

そんなこんなで、いろいろなバリエーションが組めるウクレレの世界ですが、最近、図面や型、冶具の整理が大変になってきています...。

―――

2017093007.JPG
ギターもバリバリ製作中! オーダー分と展示会分の同時進行。

2017093008.JPG
ウチの裏手。彼岸花の時期もほぼ終わり。気候もいい具合になってきたので、落ちついて作業に集中できそうです。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 19:52| 製作