2016年09月11日

奈良少年刑務所・矯正展

奈良の建築物といえば寺、神社、寺、神社...というイメージでほぼ正解なのだが、一つ、強力な例外がある。
2016091102.jpg
それが奈良市にある「奈良少年刑務所」。1908年(明治41)建築。

山下啓次郎技官の設計で、「明治の五大監獄」のうち唯一現存する建造物だ。
2016091101.jpg

赤レンガの建物など、日本中どこでもそれなりの名所があるし、欧米の街並みと見比べれば基本的に全部ショボいもんなのでしょうが、ここの凄いトコロは、今も約700人を収容するバリバリの現役施設であることと、放射状に伸びる一連の建築物構成だ。
2016091103.jpg

昭和21年までは刑務所、以後少年刑務所になったようです。
しかしながら今年度で廃止。建物の保存は決定しており、今後はホテル、博物館などに転用される見込みです。
今回は刑務所として最後の一般公開・矯正展(9/10,11)ということで、見学してきました。

2016091104.jpg
近鉄奈良駅から2キロほど。正倉院から600メートルほどの位置。
近くの般若寺バス停から。右に東大寺大仏殿、左に三笠山/御蓋山/春日山/若草山(呼び分けができねぇ...)が見える。

壁。開場前、施設見学は物凄い行列となった。家族連れも多かった。
2016091105.jpg

普段でも見ることができる表門。
2016091106.jpg

庁舎。
2016091107.jpg

中には入れないが、こうなっているらしい。
2016091108.jpg

現地で簡単な申し込みをすれば、庁舎裏の作業棟や一部の個室(?)といった施設見学もできる。ただし、撮影禁止。
所内製品、一般業者などの物販、バザーも。
2016091109.jpg

会場で職員が、一般客の男に「おお!久しぶり!元気ぃ?!」と話しかける光景を何度か見た。なんだかよく分からんが...。

会場BGMはなぜかずっとチャットモンチー。「シャングリラ」が青空にひびきわたる。午後からは杉良太郎、MAXが来たようです。

2016091110.jpg
今回はあちこちにテントが出てたり、見るエリアが限られていたが、今後、風合いを残しながら、樹木や中途半端に昭和感のある建物などを整理したら、かなり見応えのある場所になりそうです。
ただ、現在も活用されている施設独特のライブ感、緊張感があって、貴重な見学となりました。
<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 01:15| 地域