2016年08月20日

暗譜

20160820_01.JPG
暗譜するのが苦手だ。
強がりを言うと、初見弾きは得意な方なのだけど、工房に来たお客さんに「なんか弾いてみて下さい」と言われてオドオドするのはすっごく情けない。
まるで下戸の居酒屋の主人、方向音痴のツアーコンダクター、すぐ出血するボクサー、だ。

だもんで、これまで2回ほど大阪・桃谷の「アニィ」でのアマ発表会に参加してみたのだが、今回はリラックス/慣れを優先して、楽譜を見ながら弾く作戦にした。

20160820_02.JPG
リオ五輪とからめて、ボサノヴァ・プログラムを用意。(イパネマの娘、カーニバルの朝、ジェントル・レイン、ウェイブ、等々)
それをあえてナイロン弦ギターではなく、鉄弦ながらまろやかなサウンドが特徴の、自作セダートップモデル(Model 232)をセレクト。

そうそう、五輪といえば体操の内村の逆転劇、凄かったなぁ。鶴見現役時とちがって女子団体チームが仲良さそうで微笑ましい。キューバのラデュエルトの不調、ロシアのコモワの大会前引退が意外だったなぁ。あ、話が脱線した。

20160820_03.JPG
今回は座りではなく、立奏に挑戦。このギターにはストラップピンをここに付けているので、取り回しが良い。
もちろん内部はブロック補強されています。

20160820_04.JPG
ピックアップを付けていないので、とりあえずアーテックの安モンを準備。

20160820_05.JPG
ピエゾ・パッシブなので、フィッシュマンのPro-EQプラチナも持って行く。
目安として、ケーブルの距離が1.5メートルを超える場合は、この手のイコライザを経由させるのが望ましい...といったことが、フィッシュマンの取説に書いてあったように思う。(訳者は語る。うろ覚えですが)

20160820_06.JPG
リズムマシンとケーブル、自作のA/Bボックスも用意。曲の展開に合わせてサウンドをオンオフさせる。
BAHO(Char&石田長生)がやってたような、ラフなリズムボックスの活用をイメージしたわけです。

−−−
20160820_07.JPG

桃谷「アニィ」のアコギインストライブ当日。(参加費¥1,500)
シャレたステージネームなどないので、私・折坂はモロむき出しの本名参加だ。
20160820_08.JPG

そして入店して気付いた。・・・楽譜、忘れた。
アタマが真っ白になる。

落ち着いて考えてみると、カルロス・ジョビンの「ウェイブ」は昔、職場の朝礼タイムに弾いた事があるので(ふざけたヤツ...)、なんとかなりそうだ。
ルイス・ボンファの「カーニバルの朝(黒いオルフェ)」は今年から集中して練習した曲なので、これもいけそうだ。

結局、余計な手持ち機材は使わず、あっさり2曲だけ弾いたのだが、無事、止まらず弾きとおせた。
立奏スタイルは演奏の精度が落ちるけど、ノリ・勢いで乗り切れることが、自分にとって発見でした。

とはいえ、冷や汗かいた。やはり暗譜は大切だなと痛感させられた会でした。

写真はギタリスト小辻仁さん。お使いのクラシックギターは偶然、となり町・御所市の丸山さんのものでした。
20160820_09.JPG

=====
話かわって;

20160820_10.JPG
伊藤楽器船橋本店さんに、この夏から追加でコンサート・ウクレレを置いていただいています。(と思います)

ウオーターリリー(睡蓮)柄・デラックス版、高盛り処理(ポッティング加工)のインレイが涼しげです。
20160820_11.JPG

エンゲルマンスプルーストップ。コシのある単音がパワフルに鳴ってくれる、ソロ弾きにも向いた一本です。
関東方面にお住まいの方は、機会があればぜひお試しくださいませ。

<以上>
posted by Satoshi Orisaka at 07:29| 演奏会